移転祝い 相場

お祝い品を贈るときに注意するのが「相場」ですね。

結構知らない人が多いのでマナー違反とならないようにしましょう。

会社として取引先へ移転祝いを送る際は、最低でも1万円以上の品を選びます。

ただ、会社間の贈答品において、移転祝いとして無難なところでは2万円が一般的な相場になります。

大切な取引先であり、自社以外にも競合が多いようなときには3万円が妥当です。

値段をまとめると下記にようになります。

・最低:1万円 ・無難:2万円 ・安心:3万円


 

相場と花の種類

予算が決まれば、移転祝いの花を決めます。

移転のお祝いに最も利用されている花として「胡蝶蘭」がありますが、この花は値段によって差が出てきます。

どこに差が出るかというと、花の数と本数です。

花の数というのは、一本の茎に付いている花数となり、花がたくさん付いているほど高価となります。

その茎が3本となっているものを「胡蝶蘭3本立ち」と呼びます。

花数で値段が決まるので、本数は3本立ちでも15000円~3万円まで金額の幅があることになります。

本数が5本になると「胡蝶蘭5本立ち」と呼ばれる品になり、基本的には3万円以上の値段となります。

日本全国の平均的な胡蝶蘭の値段は下記のようになります。

・花数30輪前後の3本立ち:15000円~2万円

・花数40輪前後の3本立ち:25000円~3万円

・花数46輪前後の3本立ち:35000円~4万円

・花数40~46輪前後の5本立ち:4万円~5万円 

 

通常の花屋で販売される場合、最低価格は15000円となります。

ginza15000-02

移転祝いというのは結構頻繁におこるもので、本社や支店、営業所や事務所などの移転があるたびにお祝いを贈ることになります。

取引先が多ければ多いほど支出が増えますので、出来るだけ経費を抑え、尚且つクオリティの高い胡蝶蘭を贈りたいというときに役に立つ花屋の利用をおすすめします。

政財界や芸能界にも多くの顧客を持つ評判の良い花屋です。

少ない予算で相場以上の花が手配できますので参考にして下さい。

例えば、1万円でもこのクオリティの花が注文可能です。 1man-shiro

蘭の色は3種類から選択可能なので、先方の好みに合わせたり、他社と違う色の蘭を贈りたいというときに役に立ちます。

3本立ちから5本立ち、希少な7本立ちも用意されていますので、予算と用途に合わせた贈答花が見つかります。

ran-all02.jpgbutton_007.jpg≫ 胡蝶蘭一覧はコチラ ≪

東京23区、大阪市内は当日注文で即日配達が可能です。

翌日着の宅配便による全国発送も対応していますので、安くて豪華な花を贈りたいときに利用できます。