移転祝いの花

移転祝いの花として一般的なのは胡蝶蘭やフラワーアレンジですね。ときおり、スタンド花を贈る場合もあります。 最も多いのが胡蝶蘭ですが、その理由を調べてみました。 ran97 まず、移転祝いとして縁起が良い花であることが主な理由ですね。

花言葉が「幸せが飛んでくる」となっています。

お祝いごとに縁起が良い贈り物をするのはマナーですね。

また、胡蝶蘭が鉢植えの花であるというのも大きなポイントです。

鉢植え=根がある このことは「その地で根を張って栄える」という意味があります。

会社の繁栄を願った意味合いも込められているので移転祝いに贈る花として選ばれているのですね。

次に、フラワーアレンジやスタンド花と蘭の違いですが、大きな違いは「日持ち」です。 ar027 フラワーアレンジメントなどは花に根が付いていない切り花なので、日持ち的には1週間が限界です。

でも、胡蝶蘭は1ヶ月くらいは普通に咲き続けます。品評会で金賞などを受賞した生産地の蘭なら2ヶ月くらいは鑑賞できます。

長く咲くということは「末永く繁栄する」という縁起の良い意味もあります。

そのような理由から移転祝いに選ばれるのが胡蝶蘭であり、花屋もおすすめしますし、一流企業は必ず贈答花として手配します。

違うものを贈りたいという理由で花以外を贈る場合もあるようですが、フォーマルにお祝いの気持ちを伝えるのであれば胡蝶蘭の花がおすすめです。

>> 移転祝いにおすすめの胡蝶蘭