移転祝いにおすすめの花の種類

移転祝いでは花が贈られることが多いのですが、花の種類ではどのようなものが喜ばれるのでしょうか。

移転祝いで贈られる花の種類のなかでも、最も人気が高いのが胡蝶蘭です。
定番中の定番ともいえる花で、上品で華やかな胡蝶蘭は、誰にでも喜ばれます。

ただ、胡蝶蘭に詳しい人は花の数などを見ただけで幾らくらいのものか分かるので、ある程度ボリュームのあるものを選ぶのがコツです。
特にいろいろな会社から送られた胡蝶蘭を並べられたときに、安い胡蝶蘭だと貧相で見劣りがします。

スタンド花やフラワーアレンジメントで人気の花の種類は?

このほかスタンドフラワーも移転祝いの定番です。お店や事務所の入り口に並べて立てて、華やかさを演出します。

スタンドフラワーは、数種類の花をアレンジメントして作りますが、花の種類で人気なのはバラ、ガーベラ、スイトピー、カスミソウなどです。

また、フラワーアレンジメントが贈られることも少なくありません。
この場合は、先方のコーポレートカラーと同色の花でアレンジメントすると、相手にお祝いの気持ちが届き、他社と差をつけることができます。

最近ではプリザーブドフラワーも人気です。
生花より長持ちし、保存状態が良ければ10年は美しいフラワーアレンジメントが楽しめます。

また、長く飾れる観葉植物も移転祝い喜ばれます。胡蝶蘭より安価なのも特徴です。
お祝い事なので「幸福の木(ドラセナ)」が贈られることが多いですが、より上部な種類の「青年の木(ユッカ)」も人気の高い観葉植物です。