移転祝いを贈る理由

移転祝いを贈るということは少なくともビジネスなどでつながりがあることが考えられますが、あまり近い関係の人や会社でなくても交流がある場合はお祝いをすることがおすすめです。
個人的に転居をする場合は引越しをする場合のお祝いなどについては純粋に相手が喜びそうなものを選んで贈るのが理想な形で、特に見返りなどは求めないと思いますが、これが移転祝いなどビジネスの絡んでくるお祝いになってくるとビジネスを意識する必要も出てきます。
そのため、移転祝いを贈ろうと考えている場合はどのようなものを贈るかというのがポイントになってくるわけですが、無難に贈るのであればやはり胡蝶蘭で、予算的に厳しい場合は観葉植物あたりを選ぶのが一般的です。
日本人の考え方として他の人と違ったやり方をするのが不徳とする傾向が強いこともあり、教科書通りの贈りものをすることが特にビジネスマナーでは大切であるという考え方があるので相場通りに贈ることも覚えておきましょう。
また、相場より高いものを贈ってもらうとそれだけお祝いされているといううれしい気持ちが高まるという考えを持つ人もいますが、相場よりも高いものをもらうとビジネス面では有難迷惑にとられることもあります。
このようにビジネスが絡んでくるお祝いは非情に難しいところではありますが、どのような目的で移転祝いを渡すかということを明確化させることによっておのずと渡すものや相場などが見えてくると思います。